TOP > SDのシステム開発フロー > 出荷(納品)

出荷(納品)

顧客納品前の大切なフェーズとなります。お客様に品質の良いものをお届けする、いわば最後の砦です。
品質保証部が許可しないと差し戻しとなり、差し戻し先の該当フェーズでの再検討となります。
収益性を考えるとゆるくなりがちですが、独立性が保たれているため、基準を上回らないかぎり、出荷されることはありません。

出荷前判定

品質保証部が中心となってレビューを実施します。プロジェクトメンバーではない第三者によってドキュメント検査や、実際の動作確認などを実施しシステムが出荷可能な状態か判断します。出荷基準に満たなければ、不良個所対象フェーズに差し戻されます。独立性が保たれているため、基準を上回らないかぎり出荷されることはありません。

現地対応(総合テスト支援:顧客テスト支援/運用テスト支援)

一般的に、総合テストと言われるフェーズとなります。納品物の顧客受け入れ支援、稼働原理での運用テスト支援等、お客様の目線にたった支援を実施します。お客様の環境での実データでの応答時間や高負荷への耐久性などの性能テスト、また障害を想定したテストを行います。

運用サポート

一部お客様では、現場でのヘルプデスク設置(有償)、等の運用サポートを実施しています。
お客様先に常駐することにより、より迅速かつ丁寧な対応が可能となります。

お問合せCONTACT

製品・システム開発のお問合せは、こちらより承ります。