TOP > SDの開発ポリシー

SDの開発ポリシー

品質の高いITシステムを創造することで
日々進化する社会生活を豊かにします

システムデザインは、21世紀のIT社会を牽引する情報通信分野を核として、つねに先進技術を駆使したビジネスを展開しています。食品工場、環境装置、化学プラントなど、社会経済を支える製造工場向けの多様な生産管理・制御システムの開発、そして鉄道、道路、航空など、交通の基礎を担う大規模システムの構築、さらにインターネットを高度活用したWebビジネスの推進など、その事業展開は拡大を続けています。

  • 制御系システム開発
  • 情報系システム開発

システムデザインの技術力を支える4つのポイント

プロジェクト管理

プロジェクトを成功に導く1つの条件として管理側面の成功があります。 これは技術、品質管理と共に、大きな柱と考えています。 過去の積み重ねによる経験則から、最適な管理手法が確立されています。

徹底した品質管理

品質管理のベースとなる工程です。各工程でフェーズゲートを設け、そこでのレビューを徹底することにより、日々の管理の妥当性を担保します。チェックシートだけでは判断できないことを、対面でレビューすることによって、スピード感を持って対応ができます。

ワンストップソリューション

お客様にとって、プロジェクトにおける要員の入れ替わり、特に管理者の交代は不安要因となります。当社では顧客不安を最大限解消するために、ワンストップソリューションの提供を心がけています。一人の担当者が一貫して管理することによって、一元的管理を目指します。

技術・ノウハウの共有

当社のチェックシート類はSEを育て、技術、ノウハウを共有していくことも活用の目的となっています。 継続的に積み上げていくことによって技術が蓄積され、ノウハウを有効活用し、継承していきます。

お問合せCONTACT

製品・システム開発のお問合せは、こちらより承ります。