TOP > ブログ > SIM-Task(Shared Information Management for Task)

SIM-Task(Shared Information Management for Task)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々の作業(タスク)管理がメールに依存していませんか?

メールへの依存度が高いほど、こんなことはありませんか?

  • メールで依頼された作業(タスク)状況を一目で判断したい
  • メールでのやり取りが多くて、メールを読み逃すことが多々ある
  • 過去のタスクを確認するのに時間がかかる
  • セキュリティ上の問題で、重要資料をメールの添付ファイルで送付したくない
  • メールだとその場にいないメンバのタスク状況がわからず、進捗が止まっているときがある

セキュリティに配慮して、効率的に作業(タスク)管理したい

一つの仕事や計画(プロジェクト)を遂行する上で、メンバー同士の作業進捗の把握はとても重要になります。とくに、工程ごとに分業している場合、全工程の進み具合が気になります。また、作業(タスク)の依頼、確認をメールに依存している場合、相手に伝わっているのか、不安になります。その他にも、誤送信、添付間違いなど、メール使用に対しても注意が必要です。

このような近頃の分業制、作業状況の共有、インシデント防止の観点から、『SIM-Task』が開発されました。

「SIM-Task」とは

SIM-Task(Shared Information Management for Task)とは、見えにくくなりがちな、個人の作業(タスク)を、進捗を含めて共有・一元管理し、可視化できるツールです。メールを使わずに、業務上のやり取りができ、チーム内の情報共有が効率的に行えるタスク管理ツールです。また、情報が外に出ることがないので、誤送信によるインシデント防止にもつながります。

メールと「SIM-Task」の違いは?

メールのみでの業務のやりとりは、情報の見落とし、誤送信によるインシデント、メールデータの喪失などのリスクが伴われます。業務でのやりとりを「SIM-Task」内で管理することで、このようなリスクを減らします。また、「SIM-Task」で情報共有することで、チーム内の進捗状況をすぐ確認できるので、作業の効率UPにつながります。

Eメールのみでの運用

Eメールのみでの運用

SIM-Task(シムタスク)なら…

SIM-Taskなら

SIM-Taskの特徴とは?

SIM-Task

タスクの共有

作業情報の一元管理が可能となり、組織内での作業情報の共有化につながります。その場にいないメンバの進捗を確認、共有することにより、クロスチェックが可能となります

To Do管理

作業監督者がタスクの進捗状況を本システムで確認できるため作業員に問い合わせる手間がなくなり、迅速な状況の把握が行えます

インシデント防止

本システムの利用によりメールでの情報のやりとりが減るため、情報漏洩のリスクが軽減されます

周知

タスクがあった場合、メールで通知されるので、読み逃しを防ぐことができます。また、グループ内のメンバにも通知されるので、指摘することができます

*その他にもこんな機能があります
  • SIM-Taskではステータス管理機能により、それぞれのタスクがどの状態にあるかを一目で確認することが出来ます。また、未読の場合、アラーム通知もされます
  • カテゴリによるフィルタ機能により、多くなってしまったタスクを管理できます。カテゴリはタスク単位で登録可能です
  • 過去のタスクや現在進行中のタスクなどを検索することができます
  • SIM-Taskでは文字データ以外に添付ファイルやURLリンクも追加することができます
  • SIM-Taskはタスクの共有ができるので、休んでいる人のタスク状況を確認することができます

お問い合わせ

SIM-Taskの詳細資料をお求めの方は、お問い合わせフォームにて受け付けております

お問合せCONTACT

製品・システム開発のお問合せは、こちらより承ります。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ