TOP > ブログ > Mail Judgeのご案内

Mail Judgeのご案内

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報漏洩対策として社内の運用管理から生まれた、メール誤送信防止システムです

なぜ誤送信は起こるのか?

安易な送信、アドレスの設定ミス、間違ったファイル添付や暗号化、パスワードの 設定ミスといった、人為的(個人的)な『うっかりミス』です。弊社内でもそれらの対策を検討し、本製品の基礎となったもので運用を開始しました。
以下のような「作成者」のセルフチェック、「承認者」のクロスチェックで高い成果が上がりました。

Mail Judgeとは

Mail Judgeは各社独自のセキュリティーポリシーに基づき、メールによる誤送信・情報漏洩を未然に防ぐセキュリティー対策システムです。

  • 承認者チェック機能
  • オリジナルチェック機能

この2点でメールの「安全」「品質」をより高めます。

【主な機能】

  • 承認者チェック機能
    指定された承認者がメール送信前にメールを確認し、送信可否の判定を実施します。
  • オリジナルチェック機能
    セキュリティールールを任意に設定できるため、設定後は社内外のセキュリティー ルールの確認が「目視(見える化)」可能です。
  • アラート機能
    作成者がメール送信(承認者へ)後、送信可否判断がされないまま一定期間を超えたメールに対して警告表示します。
  • 監視対象設定
    ドメインやメールアドレスの監視が可能です。任意で設定できます。
  • 可否判定履歴出力
    メールに対する送信の可否判定履歴情報を蓄積し、出力可能です。

Mail Judgeのソリューションケースやオンサイトサポート(有料)メニューなどをまとめたものをご用意しております。
資料をご希望の際は、お問い合せください

  • ソリューションケース
  • 動作環境
  • オンサイトサポート
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ