TOP > SDのアフターケア

SDのアフターケア

導入後も、安定したシステム運用をより長く保ち続けるために、システムデザインではメンテナンスや運用サポートにも注力しています。

利用者目線で担当SEがアフターもサポート

原則として、設計から出荷までを同じプロジェクト管理者が一貫して対応を実施しています。お客様にとって、一貫して同じ担当者が付く事は安心ですし、スムーズなコミュニケーションを取ることが可能です。
また、自社で設計・製造しているため、バグが発覚した際にも改善に向けたサポートが迅速にとれる体制となっています。
バグが発生した際も、直すだけで終わりではなく、それがなぜ発生したのか、何が原因だったのかを分析することによって、その失敗を次の開発に最大限活かしています。
また、万が一他社が設計・開発したものにトラブルが発生した場合でも、外部のものだからと放置するのではなく、トラブル解決に向かって可能な限り対応を行っています。

利用者目線で担当SEがアフターもサポート

プロジェクトに合わせてサポートチームを結束

システムデザインには運用専属の部署がなく、各プロジェクトにあわせてサポートチームをつくっています。サポートチームでは、納品後の問合せ対応、保守契約によって現地のシステムにつないでメンテナンスを行っています。
また、運用チームとは別に社内でチームを立ち上げて対応することも可能となっています。

プロジェクトに合わせてサポートチームを結束
お問合せCONTACT

製品・システム開発のお問合せは、こちらより承ります。